この度はパーマストンをご使用いただき誠に有難うございます。
パーマストンは正しいアフターケアーをすることで、その美しさと強さを 手軽に且つ長期にわたり保つことができます。
パーマストンユーザーの皆様に基本的なメインテナンスの方法をご紹介します。
是非ご覧いただき、パーマストンの機能が充分に発揮され、石積みの材質感をいつまでも維持できますようにお役立て下さい。


 

 

パーマストンを外壁又は外構に使用された場合、10年を目処にパーマペレント(浸透性撥水材)の再塗布をお願いしています。

(気象条件の過酷な地域、寒冷地や塩害の恐れのある地域、硫黄の影響を受ける温泉地等では、短いサイクルでより入念に塗布して下さい)

パーマストンは自然石を顔料とし、全て無機質材料で構成されているため、他の樹脂系人造石のように陽射しにより黄色く変色したり、褪色する心配はありません。

しかし昨今は、大気汚染による窒素酸化物、硫黄酸化物が溶け込んだ雨により、森林、土壌、湖沼、建物等に害を与えています。(酸性雨)

パーマペレントはパーマストンのミクロポーラス状(極細気孔)の表面に浸透し、気孔の径をより微細にするため、雨水の付着、浸透を防ぐ働きをします。

これらの作用によるメジからの雨水の浸入防止と、パーマストンの持つ本来の機能と美観を永久に保つ為にも、酸性雨対策としてパーマペレントの再塗布をお願い致します。


またパーマストンと下地モルタルの接着力による一体化により、建物の震動等の影響でパーマストンの表面に亀裂(クラック)が出るケースがあります。

このような場合には、パーマストンの色番に応じた同色の補修材がありますので、パーマペレントの再塗布と併せて補修される事をお勧め致します。

パーマストン外壁の建物が何時までも美しく、皆様が快適に暮らされる事こそがパーマストン社の願いです。

 
 

パーマペレント、補修材のご購入は施工店などからも出来ますし、
当社にご連絡をいただければご購入についてのご案内を致します。

施工方法について詳しい説明をご希望の方は事前にお問い合わせ下さい。

 


パーマ・ストン日本株式会社