断熱材と建物のこれまで

建築の使命
 外断熱構法では、建物全体が外から断熱材(保温材)ですっぽりと包み込まれるため、建物全体が外気の温度変化から守られます。
 そのため建物の寿命が飛躍的に延びるだけでなく、外断熱でしか得られない建物の蓄熱作用で、屋内は夏涼しく、冬暖かで天井と床の温度差がない快適居住空間が得られます。
 このように冷暖房機器に頼らず、建物自体で暑さ寒さを防ぐ働きは建物本来の使命です。


PUF外断熱構法
 これまでは、このような外断熱の良さが理解されても、意匠性に制約があり、現実的には良質な外装材が得られず、外断熱を可能にする工法の実現に困難を感じられていた方も多かったのが実情でした。PUF構法はこの困難を克服しました。


ゼロエネルギー
 これに加えPUF外断熱構法は、断熱材の厚さを自由に増やすことができますから、ゼロエネルギー住宅の実現には最も手近かな工法です。


真の資産
 また、PUF外断熱構法では内部結露を完全に解消し、従来不安視されてきた部材の劣化や腐食はなく、カビ、ダニの発生を防ぎますから建物の耐久性、居住者の健康において、これ以上の物はないといえるでしょう。これゆえにPUF外断熱構法は、建物の資産価値を下げません。


耐久性向上
 PUF外断熱構法は、以上のように優れた工法のため、建物の耐久性向上を自信を持ってお約束いたします。


科学的合理性
 これは、外装材に燃えない、錆びない、腐らない、そして落ちない人工石パーマストンを鎧装(がいそう)として施し、壁構成も材質、厚さ、伝熱性、透湿性、防水性、撥水性及び配列順序を、科学的合理性に基づき考慮し決定するために可能なのです。


汎用性
 尚この工法は木造はもとより、鉄骨造、コンクリート造等構造を問わず、意匠的にも自由自在で、およそ建物に壁がある限り、広く適用できるのも特長です。


夢を実現化
 PUF構法はこうした広い視野から、科学的根拠の上に創造された工法です。