断熱材と建物のこれまで

従来から一般的に行われてきた内断熱工法は、壁の中に断熱材を施工する工法です。 コンクリート(RC)造ではコンクリートの室内側、ツーバイフォー工法では室内側合板の間、木造在来工法では、柱と木ずり下地の間に断熱材を入れる工法を言います。


外断熱

内断熱

外断熱は夏冬の外気の大きな温度差を与えず、躯体の熱膨張をなくします。 内断熱では、躯体は熱による膨張・収縮を常に繰り返し、ヒビを作り建物の寿命を縮めます。


  PUF(パフ)外断熱構法 従来のコンクリート造
1.躯体保護 断熱材が躯体を保護し、夏冬の温度変化から建物を護る。 躯体が夏冬の温度変化の影響を直接受け、コンクリート、鉄筋が膨張収縮を繰り返し、亀裂(クラック)から雨、水が浸入し、躯体を劣化させる。
2.結露 結露は、表面・内部どこにも存在しない。 内部結露は避けられない。
3.室内環境 天井と床の温度差が無く、室内温度が一定であり、夏涼しく、冬暖かい理想的な室内環境を造りだす。 天井と床の温度差が生じる。内部結露により断熱効果が望めない。
4.省エネルギー コンクリートの持つ大きな蓄熱性が利用でき冷暖房が不要になる。 コンクリートの持つ大きな蓄熱性を利用できない。結露により断熱材を濡らすことにより断熱効果が望めず、省エネルギーに貢献しない。
5.熱橋・冷橋 断熱材でスッポリ囲むので起きない。 断熱材の切れる部分ができる。(スラブ、間仕切り壁等)
6.健康快適性 結露などが起きないため、健康で快適な住環境を造りだす。 結露による、カビ、ダニの発生からアトピー性皮膚炎、ゼンソク等の疾病の原因となり不健康で不快な環境となる


内断熱工法では断熱材の欠損部分ができるため、壁が外気温の影響を受ける。その結果冷橋が起き結露を生じる。
※冷橋・熱橋=断熱材のない箇所や部位で、熱伝導が起こる状態を指す。
※躯体とは、コンクリート造の場合はコンクリートを指す。

  図はコンクリート造(R.C.)で断熱材の欠損ができる部分を示し、木造でも同様に欠損部分ができます。
 ツーバイフォーの場合はスタッド(内外合板の間柱)の部分が断熱できませんから、冷橋、熱橋の原因になります。また断熱材を透過した水蒸気は、樹脂の吹き付けやタイル等の透湿抵抗の高い(水蒸気を通しにくい)外装材を使用すると壁内で結露を起こします。 木造在来工法でも同様です。


木造内断熱工法

PUF外断熱構法

※木造内断熱工法では、柱や間柱で断熱材の欠損部分ができるため、冷橋による結露は防げない。

※外側から断熱材で躯体全体をすっぽり包み込むため、断熱材の欠損がなく冷橋が起きない。




PUF (パフ)外断熱構法<木造・鉄骨造用>と木造・鉄骨造<内断熱>の比較

  PUF(パフ)外断熱構法 従来の木造・鉄骨造(内断熱)
1.建物保護 断熱材が構造材の外側にあるため、建物を保護し、建物の劣化原因を絶ち耐久性を大幅に伸ばす 建物が夏冬の温度変化の影響を受け、モルタル吹きつけサイディング等の外装材が、膨張収縮を繰り返し、亀裂(クラック)から雨水が浸入したり、構造材を劣化させる。
2.結露 結露は表面・内部どこにも起こらない。(壁内温度が室内温度と差が無く、水蒸気が壁内に入りにくい。また壁内に浸入した水蒸気はパーマストンの特性により屋外に透湿する) 壁内に浸入した水蒸気が外装材(タイル、樹脂吹付け)等により、屋外に透湿出来ずに断熱材の裏側で冷やされ結露する。
(内部結露)
3.室内環境 天井と床の温度差が無く、室内温度が一定であり、夏涼しく、冬暖かい理想的な室内環境を造りだす。 天井と床の温度差が生じる。内部結露により断熱効果が望めない。
4.省エネルギー 結露の心配が無く、建物を高気密高断熱化出来るため省エネルギーに貢献する。 結露により断熱材を濡らし、断熱効果が望めず省エネルギーに貢献しない。通気工法等により熱を逃す。
5.熱橋・冷橋 断熱材で建物をすっぽり包むので熱橋、冷橋が起きない。 断熱材の切れる部分が出来るため熱橋、冷橋が起きる。
6.健康快適性 結露などが起きないため、健康で快適な居住空間をつくりだす。 結露による、カビ、ダニの発生からアトピー性皮膚炎、ゼンソク等の疾病の原因となり不健康で不快な居住環境となる
7.壁断面

PUF外断熱構法は国際特許を取得しています。 Patent No.:5,542,225 :5,257,490