断熱材と建物のこれまで


石油危機以前

これ以前の日本の建物は断熱材もなく隙間だらけで、暖房も火鉢やこたつが主流で、やっと石油ストーブが一般化し始め、建物内外の温度差は殆どないため、結露というものはありませんでした。住宅での露(つゆ)は夏の高温多湿の時期に起こるものと考えられていました。



石油危機以後

国の政策で省エネのために断熱材が奨励され、コンクリートマンションやアルミサッシも普及し、建物は密閉化の方向に向かいました。ところが結露対策は忘れられていたため、暖房されていない部屋の壁や、冷えた箇所、窓等に結露が起き始めました。



現 在

建物の気密化断熱化は省エネだけでなく、本来快適性、建物の長持ち等にも必要なため益々進んでいますが、反面それにともなって必要な結露対策は忘れられたままです、そのため断熱材の裏側に結露が起き、断熱材が濡れ断熱性能が無くなったり、水を含んだ事により重さに耐えきれなくなり落下したり、カビ等により壁内が腐ったりする事故が増えてきました。




断熱材と建物のこれまで

  石油危機以前 石油危機以後 現 在
暖房方法 火鉢、こたつ、囲炉裏 こたつ、石油ストーブ

こたつ、石油ストーブ、エアコン

建物の気密度 隙間だらけで建物の内外の温度差は殆どなし 断熱材が入り、コンクリート造のマンションやアルミサッシの普及 気密化、断熱化は益々進行中
結露対策 必要なし
梅雨期の問題
絶対に不可欠だが、適切な対策はされなかった 絶対に不可欠だが、適切な対策は未だなされていない
結露の有無 無し 結露によるカビ、ダニの発生が話題になり始める カビ、ダニの発生のみならず建物の短命化が顕著になり出す
省エネルギー
対策
無し 断熱材を壁の中に入れ壁の内部に結露が発生 内部結露の対策として通気、換気を行い室内のエネルギー(熱)を捨てるため省エネルギーに反するものが多い。