結露とは建物の汗かき現象といえるものです。
この結露は建物とそこに生活する人々に多大な害をおよぼします。建物の寿命は、木が腐り、コンクリートや石が崩れることによりますが、それは多くの場合、水の存在によって起こります。また、さまざまな病気の原因となるカビやダニの発生も結露水という水分の存在によります。
  昔のように屋内と屋外の温度差が無い生活では建物は汗をかきませんでした。
しかし、より快適な室内環境を作るために暖房をしたり、断熱材を使えば、ちょうど靴の中で足が蒸れて汗をかくように、壁の表面や内部に汗をかきます。だからといって昔のように室内温度を低くしたり、冷たい空気を屋外から取り入れて換気をしろという専門家の意見も多々みうけられますが、それでは快適な環境という初期の目的も達成できません。このような混乱は、屋内暖房や断熱材の使用の歴史の無かった日本での過渡期的現象といえるでしょう。
  建物の結露解決の基本的な考え方は、雨や雪を入れず、汗などの蒸れを防ぐ材料で出来たスキーウェアとまったく同じ考え方です。すなわち、建物の外皮(外壁)はスキーウェアと同じように、熱は逃がさず、外からの液体の水は中に入れず、それでいて汗をかく基となる水蒸気だけを外に出してやるように造るのです。
  欧米の建物は数百年このようにして建てられてきました。