PUF外断熱構法の良さは、実際に住んでみることで感じていただくことが一番ですが、それに代えて既にお住まいの方々の体験談をご紹介いたします。

 福岡市にお住まいの的野さんに伺いました。
   <的野様のご自宅前で>

今日はPUF外断熱構法で、1994年12月に福岡市の閑静な住宅地に新築された、的野様の新居にお邪魔して、お話をうかがいました。

 「外断熱構法」とは、聞き慣れない言葉だったのではと思いますが、的野さんはご存知だったでしょうか?

いえまったく聞いたことはありませんでした。

 ではPUF外断熱構法で、ご自宅を建ててみようと決心された動機をお聞かせください。

たまたま家を建てようと思っている時に、友人から古沢さん(古沢住建(株)の社長)を紹介していただいて、古沢さんから、PUF外断熱構法で家を建ててみないかと言われ、いろいろと説明を伺って、PUF構法というものを教えてもらいました。

一番魅力があったのは、外断熱は外気の温度の影響を受けないという事と、結露が全く無いということでした。私はそれまでアパートに住んでいたのですが、部屋の中は暖かかったのですが、結露がひどくて、長く住んでいるうちに壁いっぱいにカビが生えて大変でした。母が木造の一軒家に住んでおりまして、この家は、夏は開けっ放しにしていればいいんですけど、冬はとても寒くて、住む気にはなれませんでした。PUF外断熱構法は夏は涼しく。冬暖かいということを伺ったものですから、もしそれが本当ならばいいのじゃないかと思ってお願いしました。

 今年はもう冬を過ごされたわけですが、特に今年の福岡の冬は雪が降るくらい寒かったのですが、今、おっしゃいましたように、結露の問題を含めて、室内の温熱環境とか、そういったことに関して実際に住まわれてみて、いかがでしたでしょうか?

とりあえず今年の冬は「全く違う」という感じがしましたね。朝起きて、家の中に居るだけではそんなに気がつかなかったのですけれど、外を見るとすごく雪が降っていて、ああ外は寒いんだなぁと雪を見るまで感じなかったりとか、何回か今年は雪が降ったのですが、その時は確かに、今までの家とは違うなぁと感じました。朝起きて2時間位電気ストーブを入れていると、部屋の中が暖まるともう消していいんですよね、夕方ちょっと冷え込みが厳しくなる時、電気ストーブを1時間付けておくと、もう夜中の12時位までは全然暖房を使わなくていいんですから、部屋の中はとにかく自然の暖かさで快適に過ごせましたね、今年の冬は。

 なるほど、以前住んでいた家に比べて、例えば、洗面所ですとか、風呂場の脱衣所とか各部屋での温度の差ですとか、そういったものは今度の新しい家でどう感じられましたか?

廊下とか、風呂場の脱衣所とか、トイレとか暖房器具を使っていない所でも温度差を感じませんでしたね。もちろん、暖房器具を使っている部屋よりは寒いのですけれど、急激な温度変化とか、お風呂に入る前に脱衣所で寒気を感じるとか、そういうのは全然無かったですね。

 そうですか。まだ1年は経っていないですけれど、冬場をお住まいになって、光熱費は以前のお住まいと比べてみて数字は出ないかと思いますけれど、どのくらいの省エネになったと思われますか?

蛍光灯が白熱灯になったりと照明器具などが前の家とは全然違うものを使っておりますので、経費的には直接計算できませんが、確かに暖房器具を使っている時間が、前に比べたら半分以下から4分の1ですから、確かに安くなっているかと思います。ただそれがどのくらいか正確な数字は分かりませんけれど。
暖房を付けている時間が短いですから、かなり違うと思います。

 そうですか、冬場を経験されただけですがこれから夏秋を過ごされ、1年を経過する来年の冬にでも、改めて感想をお聞かせください。どうもありがとうございました。

※このインタビューは1995年に行われたものです。

 

 神奈川県にお住まいの原さんに伺いました。

平成12年3月完成

   <原邸>


私共が25年間住んでいた家は、鉄骨のアルミ板吹付けの建売り住宅でした。
真四角の新築当時ではモダンな家というイメージでした。

ところが住みはじめて何年もしない内に、結露が激しく、毎年2回位は必ず家具を動かし、洗剤とブラシ片手にカビと戦う生活が始まりました。床より1メートル20センチ位の所まで、真黒いカビがびっしり壁紙に食い込んで、夏などは壁中に汗をかいた状態で、手で触るとザーッと水しぶきをあげて落ちるという状態でした。
多分、今考えると鉄骨が汗をかいて、アルミ板で息が出来ず、家の内部に出るしかなかったという状態で、断熱材のグラスウールが水浸しになり、落下してしまっていたのだと思います。

若気のいたりで、何も考えず家を購入してから、住宅メーカーから「快適な家に住むための注意事項」という小冊子を頂きました。
その中になぜか、「絶対に家の中ではストーブ等の上にやかんや鍋をかけないで下さい、蒸気をたてないで下さい。
除湿器は使用してもかまいませんが、加湿器は使用しないで下さい」と書かれてありました。
あまり意味がありませんでしたが、結露だらけの状態でしたから除湿器は本当に必要でした。
でもそのカビを見る度に、子供が小さかったもので、病気になるのでは、と心配しておりました。
その内、洗面所の床がフカフカになり、お風呂場、洗濯室の周りは何時もカビだらけ、ジメジメ、ヌルヌルの状態……。

思いきって建て替えすることに踏み切ったのです。
高断熱高気密だの、省エネだのと色々と各住宅メーカーは売りの文句を並べておりましたが、我が家はまず、結露のない家、健康で快適な家が一番の目的でした。

そんな時にパーマストン社のパフ外断熱構法に巡り逢いました。
外観もヨーロッパの素敵な建物をイメージした様な、私達の望んでいるものでした。一石二鳥ならず、二鳥も三鳥もたくさん素晴らしい事がありました。

先ず高断熱、高気密は言うまでもありません。
一日中、温度差があまりないのです。例えば、冬の朝起きて、昔の家でしたらヒーターをタイマーでつけて暖めておいて、その後に起きるという状態でしたが、今は台所に立つ事に何のためらいも無く、ヒーターにスイッチを入れるのではなく、コーヒーメーカーにスイッチ、その後にブラインドを開けて、テレビを付けて、あっヒーターのスイッチをつけるの忘れていたという具合なのです。
なぜなら前日の温もりがずーっと残っていて全く寒さを感じさせないのです。
その時一緒に加湿器をつければ、短時間でもっと和らいだ空気が感じられる様な気がします。

家族全員が食卓テーブルについて食事をすませ、出勤する頃には、もうヒーターはいりません。一日中暖かさが続いて、夕刻の5時頃に少し冷えてきたかな? という具合でもう一度ヒーターのスイッチを入れる位です。
昔の家はヒーターのついている所だけが暖かくて、部屋全体が暖まっているなんて事はなかった様な気がします。
持続性があるというのか、温度変化がほとんどないのにはビックリしました。多分省エネになっていると思います。
部屋も多くなって、電化製品も沢山使用しているのに、電気代は昔と変わりませんから、

また昔の家は、隣近所の人達の声が良くも悪くも聞こえてきました。
道路を通る車の音、子供達の遊ぶ声、プライバシーを守るという意味では、土地の狭い日本の住宅地では、どうしても思うようには行かないものがありましたが、それが今は全く気になりません。
大好きな音楽を聞いたり、仲間を集めてパーティーを開いても、家の中の音も、外に響かなければ、外の雑音も入って来ません。
多分外断熱用の断熱材が、防音効果をもたらしてくれているものと思われます。
昔の家の壁は、たかだか10センチ程度の壁厚でしたが、今では30センチ位の壁厚があります。そしてそれは建物の外観、窓にも重厚感をもたらしてくれました。パーマストンならではの石造建築の仕上がりでした。

今、外国の建築を真似て、安価な壁材とアルミサッシの組合せの住宅をよく目にしますが、その度に、あの色は変化しないのかしら、水はけはどうなっているのかしら?
建物の中で汗をかいていないのかしら(結露)?
継ぎ目から水が入る事はないのかしら?
あの壁材は何でとめてあるの?もしかして釘?
とか人様の事ながら心配する事ばかりです。
きっと私共が、パーマストン社さんとの良い出逢いが出来たので、そう思えることなのだと感激しております。